ダイソー ソックピタット

R0012512

なんと発売から35年以上も経つという「ソックタッチ」。お恥ずかしながら、私がここ数年来ソックタッチの愛用者であることは、ちょうど1年ほど前の記事で暴露した通りなのであります。

ソックタッチ
暴露するのは少しお恥ずかしいのですが、私は男だてらに「ソックタッチ」を使っています。 ひぃ~!きもぉ~いぃ~!などとは...

特に仕事日、つまりスーツ着用時にはコレを使う習慣がすっかり身についてしまい、今では無くてはならないアイテムの一つとなっているのです。1ヶ月半程度で1本の使用頻度でしょうか。

そのようななか、先日に百均のダイソーへ買い物に行ったついでに店内をうろうろ散歩していたところ、とても興味深いものを見つけました。なんと、これは「ソックタッチもどき」であります。

R0012515

「ソックストッパー」と機能を説明する文字と共に、「ソックピタット」というのが商品名なのでしょうか。思わず手に取りながら笑いをこらえてしまいましたが、価格はもちろん105円です。

R0012520

お邪魔するたびにダイソーの商品開発力には恐れ入りますが、はたしてこの「くつした止め」のマーケットはどの程度なのだろうと考えてしまいました。もちろん男子はほとんど使わないのでしょうし、女子でもストッキングを着用する年頃になるまでの使用に限られるはずです。

R0012525

ソックタッチよりもひと回り大きく、価格は約三分の一。先端のボールが異様に大きくギョっとしますが、一度に塗布できる面積は広くとれるのでしょう。まだ元祖が残っているので使うのは少し先になりそうですが、チョットだけ試してみたところ、少し重さを感じる転がり感で、ソックタッチよりもねっとりした使用感です。

直感的には、やはり元祖の歴史には敵わないかもしれないといったところですが、実際に使用してみて問題が出なければ、価格的にも安いので嬉しい発見です。さて、どうなりますやら。