ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ【愛】

先月の下旬から、我が家の宅内カフェ事情が少し変わりました。巷で人気の「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を導入したのであります。しかも最新モデルだという「バリスタ【愛】」を。

このようなマシンが世の中にあるということは承知していましたし、過去には実際に姪の自宅でこのマシンから抽出された一杯をごちそうになったこともありました。しかしながら、その後にスーパーマーケットや家電量販店に並んでいるのを目にしてもピクリともせず。だってインスタントでしょ。

たしか以前にも記事として書いた記憶があるのですが、我が家では夫婦二人で月に2kg以上のレギュラーコーヒーを消費するという生活が数十年にわたって続いていました。さほど高くもないレギュラーコーヒーをインターネットで購入し、ここ数年はタイガー製の保温ポット式コーヒーメーカーでたっぷり淹れるというやり方。決してコーヒー通ではありませんが、高くない豆でも焙煎したてを送ってもらえばまずまず美味しいのです。そんな私たちがインスタントで本当に大丈夫なのでしょうか。

ネスレ社では、たしか数年前に「インスタントコーヒー」から「レギュラーソリュブルコーヒー」に変更しました。なんじゃそれ。要は、微粉砕されたレギュラーコーヒー豆の粒がフリーズドライやスプレードライされたコーヒー抽出液の中に包まれているとのこと。へ~そうなんだ。なんじゃそれ。

まず試してみましょう。おそらくコーヒーを飲む際に伴う数々の手間や時間は大きく減るはずです。朝の忙しい時にコーヒーメーカーでコーヒーを淹れる手間や時間。そしてそれを洗う手間や時間。しかし肝心の味はどうなのでしょうか。どう考えても「インスタント」という概念が抜けない雰囲気。

なるほど。これはこれでアリなのかもしれません。圧倒的な手軽さ。上部のタンクにネスカフェゴールドブレンドを入れておけば、あとは後部のタンクに水を入れて電源を入れればスタンバイがOK。

エスプレッソタイプからマグカップサイズまでコーヒーメニューは3種類。そして驚いたのが、ブライトやクリープなどの粉ミルクをカップに入れておけば、カプチーノやカフェラテまでもが出来るではありませんか。なんじゃこれ。想像以上に働き者の「ネスカフェゴールドブレンドバリスタ愛」。

「バリスタ【愛】」というのはもちろん「バリスタ【i】」のことで、何が【アイ】なのかと思ったら、なんとスマホなどにブルートゥースでペアリングさせれば様々なギミックが楽しめるとのこと。

例えば、デフォルトで設定されているコーヒーやお湯の量を自分好みに変更して登録できるのだと。

▼ デフォルトのエスプレッソタイプはコーヒーが2gでお湯が80ml。

▼ これをコーヒー3gでお湯を100mlに変更して登録しておきましょう。

▼「あなたのレシピ」として登録され、飲むたびに変更する必要がなくなるわけです。

私にはデフォルトの「コーヒー2g」という設定では少し薄く感じるので、すべて3gで登録しているわけですが、これだとバリスタの特徴とも言えるクレマとコーヒーのバランスもちょうどよい感じ。

飲む時には、上記のメニュー右下のカップアイコンをタップするとブルートゥースで司令が飛ばされて抽出が始まるという未来型コーヒーマシン。とは言え、実際にはとっとと手動でマシンの電源を入れてメニューにタッチするほうが早く出来上がるのですが、これはバリスタ君とのじゃれ合いです。

さてどうなりますことやら。今のところ平日の朝夕にはバリスタ君に登場してもらい、週末はゆっくりとレギュラーコーヒーを飲むといった具合。まだレギュラーコーヒーの在庫も1kg近く残っていることに加え、ドトールのパック式レギュラーコーヒーも30袋ほどの手持ちがある状態。お金は無くなってもコーヒーだけは無くならない我が家。それもどうなんだかなぁ。いやいや、それでいいのだ。