Google ローカルガイドの登録前に確認すべきこと【公開される名前について】

今回からさっそく「Google ローカルガイド」のすすめ方について記してまいりますが、ここでは私自身の環境上による Android スマートフォンでの説明となりますことをなにとぞご了承ください。

もちろん、iPhoneなどの「iOS」やパソコンのブラウザ上でも同様の展開が可能です。ローカルガイドとしての活動にモバイル端末が必ず必要となるわけではありませんが、クチコミや質問をその場所で投稿することで正確性が増し、写真の投稿も連携できるといったメリットを考えれば、モバイル端末のほうが簡単で機動力がありそうです。とは言え、デジタルカメラで写真を撮影し、すべての投稿をパソコンから行うことも可能ですので、それぞれのスタイルに合ったやり方をお試しください。

さて、まず大前提として「Google マップ」と「Google アカウント」が必要となります。これらが無いと「Google ローカルガイド」をすすめることができませんので、いま一度ご確認ください。

Google ローカルガイドで公開される名前について

実は「Google ローカルガイド プログラム」へ参加する前に、もう一つだけ確認していただきたいことがあります。それは、「Google ローカルガイド」として一般公開される「名前」についてです。

Googleのアカウントを取得する際に、ほとんどの方はご自身の名前で登録されているのではないでしょうか。私もそうでした。ところが、そのアカウントでローカルガイドに参加して投稿をし始めると、アカウントに登録した名前で一般公開されてしまうわけです。つまり私の場合には実名でした。

こりゃヤバい。いや別に悪いことをするわけではありませんが、なにも「ローカルガイド」として自分の名前を全世界へ知らしめる必要はない。実害は特に無いのかもしれませんが、本名での公開にはなんとなく抵抗がある。そう思って調べてみた結果、どうやらアカウントの名前は変更できるということがわかり、私自身はアカウントに紐付けされていた名前を変更してスタートしたのであります。

公開される名前については意外に重要なポイントとなりそうで、おそらく次の選択になるでしょう。

現在のアカウントの名前で登録する
ローカルガイド用にアカウントを追加する
現在のアカウントの名前を変更する

では、それぞれの選択についてもう少し詳しく説明します。

現在のアカウントの名前で登録する

現在のアカウントに紐付けされている名前で公開されることに問題がなければ、そのアカウントで登録します。これ以降の面倒な作業は必要ありませんので、お読みいただかなくともよさそうです。

ローカルガイド用にアカウントを追加する

まずここでは、現在のアカウントを使わずにGoogle ローカルガイド用として新たなアカウントを追加する方法を説明いたします。現在のところGoogleのアカウントをお持ちではない方も、このやり方でアカウントを取得できるはずです。ただし、Googleマップ以外のすべてのGoogleサービスについても同アカウント上では同じ名前が表示されることになります。お使いになるGoogleのサービスごとにアカウントの切替えが必要となる場合がありますので、面倒が少し増えるかもしれません。

▼ まずGoogle マップを開いて、左上のメニューをタップします。

▼ 最上部のログイン、あるいは現在のアカウントが表示されている右端の▼をタップします。

▼「アカウントを追加する」をタップします。

▼「または新しいアカウントを作成」をタップします。

▼ ここで入力する名前がアカウント、つまりローカルガイドとして公開される名前となります。

▼ ニックネームや芸名でも登録できます。入力したら「次へ」をタップ。

▼ 生年月日と性別を入力し「次へ」をタップします。

▼ ユーザー名、つまりメールアドレスを決めて「次へ」。名前と無関係でもOKです。

▼ 入力したユーザー名(メールアドレス)でよければ「次へ」をタップ。

▼ パスワードを決めます。このアカウントでGoogleにログインするパスワードです。

▼ パスワードを決めて入力したら「次へ」をタップします。

▼ 電話番号を追加できますが、ここは「スキップ」してもよいでしょう。

▼ Googleサービスを利用する上でのプライバシーポリシーと利用規約。「同意する」をタップ。

▼ これで新たなアカウントが追加されました。「次へ」をタップしてみましょう。

▼ Googleマップの画面に戻り、新たな名前でアカウントが追加されています。右の▲をタップ。

▼「自分の投稿」をタップします。

▼ ここが「Google ローカルガイド」に参加する入口です。お疲れ様でした。

現在のアカウントの名前を変更する

次に、現在のアカウントの名前を変更してローカルガイドに登録する方法を説明いたします。簡単なのは「Google+」のプロフィールから変更するやり方ですが、「iOS」のユーザーで「Google+」がインストールされていないことも考えられますので、すべてのOSで共通の方法をご案内します。

▼「Google アカウント情報の編集」と入力して検索し、検索結果のタイトルをタップします。

▼「他のユーザーに表示される自分についての情報の管理」をタップします。

▼ 冒頭の「基本情報ページ」の部分をタップします。

▼ 該当のアカウントが表示されない場合には左上のメニューをタップします。

▼ ユーザー情報右上の丸いプロフィールアイコンをタップします。

▼ 変更するアカウントをタップします。

▼ ペンのアイコンをタップします。

▼ 変更画面が表示され、姓と名のそれぞれを変更できます。

▼ 今回は「あっぺとっぺ太郎」という本名をローカルガイド用の芸名に変更するという例です。

▼ 表示する名前も変わっています。間違いがなければ右上の「OK」をタップします。

▼ 名前の変更には制限があり、反映には時間がかかる旨の説明。「名前を変更」をタップ。

▼ 無事に名前が変更されました。ではGoogle マップで確認してみましょう。

▼ 左上のメニューをタップします。

▼ あれれ!?ここでは本名が表示されたままですが「自分の投稿」をタップすると、

▼ 先ほど変更した芸名が表示され、この名前でローカルガイドに参加することができます。

説明がずいぶん長くなってしまいましたが、おそらくこの「公開される名前」の問題を解決しないと先へすすみにくいケースが出てくるかもしれません。ちなみに、ローカルガイドに登録したアカウントで獲得したポイントは別のアカウントに移行できませんので、どのアカウントで登録するのか、そしてそのアカウントの名前が公開されてもよいのかどうかをまず最初に確認することは重要です。

なお「Google マップ」のメニューをタップ際に変更した名前を即時に反映させるためには、その端末から該当するアカウントをいったん削除し、すぐにアカウントを追加し直せば反映するはずです。

どうやら少し遠回りしたようですが、これにて「Google ローカルガイド」に登録する準備は完了。次回からは参加登録や実際のクチコミや写真の投稿方法あたりまですすめていきたいと思います。