まんみ

仙台駅前の名掛丁と「さくら野(旧:丸光~ダックシティ~ビブレ)」の北側裏通りを南北に結ぶ「ジャンジャン横丁」。その横丁に長いことお店を構えていた「まんみ」。私が生まれて初めて食べた「五目あんかけ焼そば」はこちらのものではないのかもしれませんが、そう思ってしまうほど強い記憶が残っている「まんみ」の五目焼そば。実に十数年ぶりの対面でした。

CIMG3700

この「まんみ」にもっとも多く訪れた時期は、おそらく30年ほど前のことでしょう。当時の名掛丁は今ほど綺麗ではなく、東五番丁以西の中央通りに比べれば、何となく薄暗い雰囲気がしたものです。

そしてその名掛丁から、さらにハードボイルドな雰囲気の横丁へ入ったあたりには、「まんみ」に限らず個性的な名店が数多く存在していたように記憶しています。名掛丁から南側へ通ずる横丁は確か全部で3~4本ほどあり、どこもワクワクするような雰囲気でした。

その「まんみ」が駅前から姿を消したことに気付いたのは今年になってからです。あれれ?もう無くなっている。ずいぶんしばらく食べに行っていなかったわけですから、たまたま通り掛かってそのようなことを言うのは勝手なものですが、またもや青春の思い出が一つ消されたようなキモチに少し切なくなるのでした。そして、それを知ると俄然食べたくなるものです。

CIMG3705

CIMG3707

CIMG3708

CIMG3711

長町のモールに「まんみ」が入っていたことは、以前から認識していました。本館1階の大食堂コーナーに入っているわけですが、これまでは大食堂ならではの騒がしさと開放性にちゅうちょして、一度も食べる機会を持たなかったのです。

しかしながら、仙台駅前で食べられないとなると事は違ってきます。実に久しぶりに対面する「まんみ」の五目焼きそば。コーンとアサリが、他店とは違うその証。

自分の記憶などまったくアテにならないものです。このサラっとした食感の茶色い蒸し麺。どうしても気になったので食べ終わってからお聞きしてみたところ、五目焼きそばには昔から専用の蒸し麺を使っているそうです。なるほどそうだったのですか・・。私の蒸し麺好きは、「まんみ」の五目焼きそばを好んで食べていたせいで、どうやらこれが原点だったようです。

CIMG3696

おそらく創業からは40年前後が経過していると思われる「まんみ」。一時期は長命ヶ丘にも暖簾分けのお店が出ましたが、そちらも姿が見えなくなりました。今は泉中央とここザ・モール長町の2店舗のようです。場所とスタイルは変われど、少し甘めの餡であっさり美味しい五目焼きそばの味は、アテにはならない私の味覚でも、昔と変わっていないように感じられました。

お便り

  1. dty martini より:

    お早うございます。現在「敬老の日」とはばないのでしょうか。

    とは言うものの、空が澄んで陽射しが柔らかくなると、遠い昔を懐かしむのが

    常になりまして、百貨店に入っての、しばし入口のベンチに腰かけております。

    昨年は、思い出の品の件、ありがとうございました。

    「まんみ」は私が20歳過ぎ頃から通いました。やはり「五目焼きそば」は逸品でしたね

    8種類の具がはいっておりました。「コーンラーメン」もとろみがついて温まりました。

    今では、歩いて行ける所にあり、引っ越して来たときに「麻婆焼きそば」と

    ビールを頼んでしまい、流行りに踊らされました。五目にすべきでした。

    昭和の50年代当時、「まんみ」で働きながら夜間高校に通っていた少年を

    思い出します。

    親方や先輩に「試験なんか受げねくたっていんだど」なんて、いじくられながら

    可愛がってもらっていた姿が印象的でした。

    来週の地元のお祭りにでも、五目焼きそば、食べてみたくなりました。

    • ジョン万乃助 ジョン万乃助 より:

      dty martiniさん、ご来店ありがとうございます。

      気がつけば、すっかり日が短くなりました。
      6月の夏至からはすでに3ヶ月が経っているわけですから当然と言えば当然ですが、季節はいよいよ冬に向かっていると思うと少し寂しくなる今日このごろです。

      先日、仕事で運転中にチラッと確認したところ、長命ヶ丘の「まんみ」は復活されたようですね。以前と同じ蒸し麺なのかどうか、機会があれば食べに行きたいと思っています。
      今考えても「まんみ」の五目焼きそばは実に完成された出来栄えでした。自分の中では、あれが五目焼きそばのスタンダードモデル。
      と書いていたら、無性に食べたくなりました。
      ヤバい。お腹の辺りで雷鳴がとどろき始めました。